伊藤早紀のブログ

長野県大町市出身で在住の、詩集「心の華」も出版した伊藤早紀のブログです。 マイペースに、詩を載せたり近況報告なども書いていきたいと思います!詩集読んでみたい!って方は販売もしていますのでコメントしてください!

詩「譲れないもの」

私にとって 大切なものこれだけは 誰にも負けないし誰よりも強く思うこと それは 感謝の気持ちその存在に どれだけ助かっていてどれだけ大切かなんて 私にしかわからない 隣で 笑っている瞬間一緒に 今を生きられる幸せ 思い出が増えるたび”あー幸せだな”っ…

詩「ハエよりも…」

結局さ 何が言いたいの?”嫌いだ”って?”うざい”って?それって 嫉妬じゃないの? 幸せな人たちが 羨ましいんでしょ?その人の全てを知るわけでもなくただ一部分の切り取った瞬間だけでその人が幸せだって? 数は わかりやすいからみんな数を求めるけどそれ…

詩「全部わかってるから」

たとえばだれかに気を遣ったり思ってもいないのに共感したり言いたいことを本人に言わなかったり なんかもう ぜんぶ どうでもいい言いたいこと あるんならはっきり言えよ 空気が悪くなるからって?なに?空気ってもう自分たちの心 汚されてるのに?どうでも…

詩「忘れないこと」

どんなときも 忘れないたとえ なにかが 辛くてもたとえ どんなに 痛くても気付いたんだ 自分がいることの 必要性 「自分がいなくなっても 誰も悲しまない」いつからだったっけそんな風に思わなくなったのは そんな風に”誰も悲しまない”って思うってことは自…

詩「思い通りにはさせない」

だれかの思い通りにはさせないきっと幸せになってほしいから だれかの思い通りにはならない僕が笑顔にさせるから ずっとずっと 我慢してきたのを知っているよつらいことも 嫌だなってことも 怒りもだから あなたは そんなに強いんだよね ずっとずっと 周りの…

詩「人間は機械じゃない」

なんでだろう年を重ねるたびに 人間は”してはいけないこと”が増えていく気がする ”もう大人だから”頻繁に弱音を吐くものじゃない ”もう大人だから”わがままを言うなんて見苦しい ”もう大人だから”人前で泣いちゃいけない あげればきりがないけどはっきり言っ…

詩「当たり前=幸せ」

多くの人にとっての「普通=当たり前」それはわたしにとっては違ったそれに気づいたのは高校生のとき 生きる上でのすべては 決して当たり前なんかじゃなくて 暮らす上でのすべてをできて普通なんて思ったことなかった 多くの人が「普通にできること」例えば…

詩 「おまえならできる」

おまえなら きっとできるいつか味わった 悔しさを まだ忘れちゃいないでしょ? おまえなら きっとできるいつか見た夢は きっと近くにある おまえが 人より少し遅れていたとしても正解なんて きっとわからないし何をしたら 遅れを取り戻せるのか?そんなこと…

近況【今までの自分を超えた】

あの頃のトラウマを乗り越えた。 ずっと、働きたかった。毎日仕事に行く人が、羨ましかった。ヤダヤダ言いながらも、働ける人が羨ましかった。 医者にはずっと無理するなと言われてたけど無理して体調崩して、 また挑戦してまた崩して、その繰り返しだった。…

詩「きっかけ」

喧嘩なんて 誰でもするけど きっかけがないだとか 言い訳をして 結局自分から謝らない きっかけなんて 自分で作ればいい待ってるからこじれるんだ待ってるからどんどん言えなくなるんだ 子ども同士の喧嘩じゃあるまいし自分は悪くないから謝らないなんて言っ…

詩「声を上げよう」

わたしたちに できることがあるわたしたちにしか できないことがある こんな田舎の町で ひたすら 声を上げ続ける 大人がいる何のためって?あなたにはわからないの?その意味があなたにはわからないの?そこにある気持ちが それは 平和な日本を 守るためかつ…

詩「風がくれたもの」

それは3月半ばも過ぎたころ冬の名残りが 頰をすり抜ける いつも 暖かい場所にいるから忘れてしまっていたのかな その風は 時に優しく 時に厳しくわたしを「現実」に引き戻す だんだん冷えていく体が「生きているんだ」って実感させる 「言わなくてもわかるよ…

詩「信じられるもの」

信じられるものが あなたにはありますか? それは 尊くて 光に包まれていていつ どんなときも 目印になるそんな大切なもの 大抵の人は 噂に惑わされるかつての気持ちを忘れて暗闇の方へと 足を向けてしまう 「どうして?」 「あのとき 思ったことが 間違って…

詩「可能性」

自分で自分の限界を決めるな自分を否定して心を縛り付けるな自分の可能性は他人にはわからない 誰が限界だと言ったんだ?自分のことでもないのになぜわかる?決めつけていたその「限界」を超えてみせろ もう出来ない と自分には無理だ と諦めたその瞬間に 可…

詩「おまえは 悔しくないのか?」

虚しいのは 裏切りの現場怒りは 向ける矛先も無く涙は ただただ溢れた 「男は浮気する生き物」だれしもがそう言うようになった昨今 おまえは だれだ?おまえは 悔しくないのか? おまえまで「浮気をする男」と一緒にされているんだ悔しくはないのか? それと…

詩「価値」

「自分にはそこまでの価値はない」君はそう言って哀しく笑った すごく胸がしめつけられたそんなこと、ないのに… 自分の価値って 自分が決めるものではないんだでも そこまで自信を無くすってきっと なにか辛いことがあったからだよね いつもなら君はとっくに…

詩「わかってる」

”心はいつだって きみのそばにいるよ” 恥ずかしげもなく そんな台詞をさらっと言うあなたに「キレイゴト」って一瞬思ったけど信じたい自分も どこかにいたんだ 「気にするな」ってあなたの口癖本当はそんなこと言われなくてもわかってるでもね なかなか聞き…

あけましておめでとうございます!

ご無沙汰しています。 実は年末からインフルエンザになってしまって それと同時に精神のバランスも良くなくて。 自分の不器用さを痛感する毎日で… 詩も書けずにいます。 「不器用を恥じることはない。 不器用なことを認識していれば、 熱心に研究するし、対…

詩「全部含めた貴方が好き」

もし、貴方の過去の痛みを私も同じように受けたとしたらきっと、とっくに私は自分からこの世界に終止符を打っている そのくらいそのくらいの痛みを背負っている でもでも、人を想う気持ちは忘れていない 今まで、どれだけ辛かったのかな今まで、どれだけ苦し…

詩「いじめ」

「いじめられる側が それをいじめだと言ったらそれはいじめになる」 「人をいじめるのはその心が貧しいから」 「人をいじめることでしか自分の心を満たせない 可哀想な奴」 「大人は「いじめは良くない」と学校で子供に教えるけどいざ いじめがあってもその…

詩「レインボーローズ」

たとえば この世で生きていて金よりなにより愛が大切 とかそれを綺麗事と認めなければいけない場面があったり たとえば この世で生きていて社交辞令は嫌いなんて言いながら言わなきゃいけない場面があったり 自分が生きていくためにしなきゃいけないこと 言…

詩「奇跡の連続」

毎日を繰り返しいつしか”あたりまえ”になってしまう「今」が生きていられる「幸せ」が実は奇跡の連続だと思う 人間は 失ってから気付く無くしてはじめて気付くそれが「大切だった」と もしそれが もう手に入らないものだったら?間違いなく後悔するだろう 私…

詩「笑っていようね」

「自慢の娘」なんて言われなくてもいいイチョウの木の下で撮った写真に映った満面の笑みを浮かべた 父と母のあの日の笑顔を わたしはずっとずっと守りたい 「ありがとう」って言われたいわけじゃない大切な人が居なくなる悲しみが 想像できるからわたしは 父…

詩「ずっと隣で」

信じよう 誰になにを言われても 自分の気持ちを 信じなければ他に一体なにを信じたらいいの? 勝ち負けなんて どうでもいいよね羨ましがってても なにもはじまらない目の前のその人を 大切にしたい たとえ なにかに惑わされて 君が目をそらしても僕は君から…

詩「自分を守れるのは」

君は何のために 私に相談するの?だって もう 自分がどうしたいかなんてとっくに決まってるんでしょ?いつでも 決まってるけれど 私に背中を押してほしい?それって なんのため?? 私には私の意見があるからいつも君の思い通りには ならない 君はなんで 人…

詩「必要性」

私の存在がこの世界に必要性があるかどうかなんてきっと死んでもわからないけど 何かがうまくいかないとき全てをほったらかして 休息をとることができる恵まれた環境に私は文句なんかつけられないんだ 調子が悪いときにゆっくりマイペースでいいよ とか待っ…

詩「愚かな人間」

愚かな人間 人を弄ぶなんて心が無い人なんて、いないんだきっと 苦しんでる 愚かな人間言うことと行動が ちぐはぐな人その調子の良さにいつか自分も 痛い目見るだろう 愚かな人間自分が気に入らない人には思いっきり罵声浴びせ 暴言吐いて一方的に縁を切るき…

詩 「これからの ひと」

「わからない」と笑うその笑顔が どこか切なく見える「考えたくない」と思っていてもいつか 考えなきゃいけないときが来る 心配させたくないから 言わない?でもね 親って いつも子供のこと思ってるんだ悲しい心も楽しい心も 表情で全てわかるんだ気づいてい…

詩 「一枚」

ひとつ ひとつ 見返していたその「一枚」に込められた 思いとその「一枚」から伝わってくる 楽しさひとつ ひとつ 理解してひとつ ひとつ 思い出すたびなんだか胸の奥が 熱くなる 決して戻っては来ないその「瞬間」を切り取ったその「一枚」は私にとって かけ…

詩「自分自身に勝つ」

ふいに 垣間見る 闇ふいに よぎる あの日の孤独思い出したくない 記憶 いくら 前向きに考えようとしても一向に 私の前から消えてくれないそいつはもうひとりの 闇に包まれたわたし 「逃げてもいいんだよ」いいや 逃げたくない わたしはどんなことからも 逃げ…